次へ 57 / 256 前へ
HP UX 11i v2, UX 11i v1, Instant Capacity
広告掲載
background image

処理能力の管理に

Instant Capacity を使う方法

Instant Capacity システムのステータスのチェック

4

57

— 追加の使用権によって割り当て可能なコアの数

— temporary capacity で割り当て可能なコアの数

— 構成解除または使用停止状態のセルに接続されたコア数

Instant Capacity リソース概要 :

— 使用権のないセルの数

— 使用停止状態のセルの数

— 使用権のないメモリー容量

— 使用停止状態のメモリー容量

— 使用権のないコアの数

— 使用停止状態のコアの数

— 使用停止しなければならないコアの数 ( 使用権が不十分 )

— 利用可能な temporary capacity

ハードパーティション全体に Instant Capacity リソースの割り当て :

— nPartitions ID

— コア総数

— 使用開始予定のコア

— 実際に使用開始状態のコア

— 使用停止状態のコア

— 使用停止状態のメモリー

— 使用停止状態のセル

— iCAPの実行(ハードパーティションに互換性のあるInstant Capacityソフトウェアがある

かを示します )

— nPartitions 名

icapstatus

コマンドとその出力の詳細は、230 ページの「icapstatus (1M) マンページ」を参照

してください。